乳がんになりやすい人がいるのかどうか

乳がんになりやすい人がいるのかどうか

がんは非常に怖い病気です。
できれば早めに発見をして治療をするのが良いでしょう。
がんのなりやすさとしては、遺伝があるとされています。
両親や祖父母、その他親戚や兄弟姉妹で発症した人がいるなら、自分もそれなりになりやすさを引き継いでいると考えた方がいいでしょう。
乳がんに関しても遺伝が原因の一つとされています。
親族などでいるかいないかによって検査の頻度を上げるようにしましょう。
その他、個別要因などでもわかるとされています。
まず初潮年齢が早い人が挙げられます。
11歳いかで始まった人はなりやすいとされています。
閉経が55歳以降の人もなりやすいとされます。
よく言われるのが出産経験がない人、初産年齢が遅い人と言われます。
遅い年齢として30歳以上といわれるので、晩婚がが進むにつれて該当者がどんどん増えてくるかもしれません。
これらの人が必ずなるわけではなく、他の人よりもなりやすいとされるだけです。
該当するなら検査を積極的に受けるようにしましょう。