マンモグラフィーは痛いので受けたくないといわれる

マンモグラフィーは痛いので受けたくないといわれる

子どものころに予防注射を受けたことがあるかもしれません。
注射は針を刺して行います。
一瞬で終わるときもありますが、どうしても針を刺される瞬間は痛みが伴います。
子供の中には泣く子もいますが、平気な顔をしている子もいます。
痛みの感じ方は人それぞれ異なると言えるでしょう。
マンモグラフィー検査は、女性が乳がん検診の時に受ける検査です。
乳房部分を板状のもので挟み、その部分をレントゲンで撮影します。
それなりに強く挟むので、この時に痛いと感じる人が多いようです。
どんな痛みになるかは、実際に行ってみないとなかなか感じることはできないかもしれません。
痛いと言っても我慢ができない痛みではありません。
もちろん麻酔などが行われることもありません。
何もしていない状態に比べると、体をつねったりすれば痛みが出ます。
人によってはかなり不快な痛みになるためもう検査をしたくないと感じるのでしょうし、あれくらいならと毎年受ける人もいるでしょう。