マンモグラフィー検査はどんな検査か

マンモグラフィー検査はどんな検査か

女性であれば受けたことがあるかもしれないのがマンモグラフィーによる検査です。
主に乳がんの検査として使われます。
がんといえば高齢の人がかかるイメージのある病気ですが、乳がんは若い人でもかかる可能性のある病気です。
場所によっては早期に見つかったとしても治療が難しい時もあるようです。
一般的ながん検診は40歳からといわれますが、マンモグラフィーは20代の人でも受けた方がいいかもしれません。
よく痛いといわれますが実際にはどんな仕組みで行われる検査かです。
仕組みとしては、一般的に行われるX線の仕組みを使います。
ただ、乳がんをより発見しやすいような検査を行います。
女性は乳房部分に膨らみがありますが、その部分を機械で挟み込みます。
そしてその様子をX線で撮影します。
自分でしこりなどを見つける人もいるとされますが、がんがあると病変ができます。
X線によってその病変を判断ができ、早期治療ができるかもしれません。
挟むときに痛いといわれています。

予防歯科にも力を入れております

患者さんと一緒に考える診療に取り組んでいます

ホスピタリティを大切にしている岡本歯科クリニック

最新投稿

  • 胸が小さい人はマンモグラフィーを受けられるか

    女性の中には胸が大きい人もいれば小さい人もいます。
    小さい人になるとほとんどふくらみがなく、男 …

    続きを読む...

  • 女性外来までが展開される医療の魅力

    薄毛・抜け毛のケアは、医療との関連性が薄い印象として持たれているものの、美容医療に当たるため、命の危 …

    続きを読む...

  • マンモグラフィーは痛いので受けたくないといわれる

    子どものころに予防注射を受けたことがあるかもしれません。
    注射は針を刺して行います。
    一 …

    続きを読む...